ブログにも書いた様に次回9月14日開催の「酒蔵〜Vol.2〜」をもって「Think About It!」は歴史にピリオドを打ちます。

今まで応援してくれた皆さん、共に楽しんだバンド仲間の皆さん。

そして歴代のメンバーの皆さん・・・本当にありがとうございました。

またすぐに復活すると思われてる方もいらっしゃると思いますが・・・それは無いです。

なぜなら今回、ピリオドを打つ事こそが「Think About It!」のプライドですから。

是非、最後のThinkを観に来て下さい。

宝くじは買っても当たらない。でも買わなきゃもっと当たらない・・・ 3

ベーシストが決まらず凹んでいた6月19日の出来事。
その日、車を運転中に急にもよおしてきまして(今年に入って下半身の衰えを感じるなぁ・・・)
トイレを探して右往左往していると運良くマルナカを発見!
用を済ましスッキリとした俺の目に宝くじ売り場が映った・・・

「ついでにロト6でも買って帰るか・・・」

しかし元々、博才が無い俺は考えれば考える程に当たらない。
ちなみにロト6の場合、43個の数字の中から異なる6個を選び、それが全て当たる確立は・・・なんと6096454分の1。
フルゲート18頭の競馬での3連単(4896分の1)が当たらない俺にロト6の1等が当たるハズも無い。
それは重々承知はしている・・・でも夢を見てしまう。
そんな俺が選んだ番号がコレ!

2014_07_24_01

マルナカに寄ったついでに買った弁当を食べながら選んでみたのだが、無論これらの数字にそれほどの意味は無い。
自宅に帰ってロト6の当選番号をスマホで確認する。すると・・・

 02 - 08 - 21 - 27 - 33 - 37

な・なんと4つ当たってる!

ちなみにこの日の4等は8600円!
今まで5等以外は当たったコトが無かったんで嬉しいやら悔しいやら・・・
「12を買わず2を買っとけば3等497900円やんか!それに12の逆目の21買ってたら・・・」
とかね・・・まあ俺には到底縁の無いロト6なんですが、次は3等が当たるかも?なんて淡い夢を見てしまうんですよ。
でも誰かが言ってたっけ?
「宝くじは買っても当たらない。でも買わなきゃもっと当たらない・・・」

Thinkの2代目ギターリストのWADA-Pがコメントで「でもthinkがなくなったらリベンジ出来ないのでつらいです。」と書いてあったけど・・・俺はリベンジしますよ(何を?)←ちと意味深
だって「宝くじは買っても当たらない。でも買わなきゃもっと当たらない・・・」からね(大笑)
そうですよね・・・兄さん? 

◆♪◇♪◆♪◇♪◆♪◇♪◆♪◇♪◆♪◇♪◆♪◇♪◆♪◇♪◆♪◇ 

Think About It! LIVE SCHEDULE

「酒蔵〜SAKA×GRAN〜Vol.2」


2

日時 : 9/14(日)Open 16:30 / Start 17:00 / 1000yen(+1drink 500yen必要)

会場 : SOUND SPACE RIZIN'
出演 : バイオレンス ピーマン / ものっそ叫ビ隊 / Think About It! / GRANGILE / 鬼ごろし(出演順) 

二転三転した「酒蔵〜Vol.2〜」出演の裏側 4

実を言えば・・・
「Think About It!」は日曜に開催された「叫ビ箱サンデーGIG Vol.75」をもって解散するつもりだったんですよ。
最後はさら〜っと流す感じで終わろうかと・・・
ところが9月14日の「酒蔵〜Vol.2〜」にエントリーしている。
忘れてた訳では無く、ギリギリの段階まで思案に暮れていたのである。

最終的に俺がベースを弾きゲストヴォーカルを加えた構成で出演しようかと目論んだ。
「Smiley Skull40♂」のkanisanにベースを借りる手筈をしたものの、その日は仕事が遅くなりベースを借りれなかった。
しかしよくよく冷静に考えてみると8月一杯と9月の一週目しか練習時間は無い!
ただでさえ時間が限られている上に例年8月はメンバーの諸事情もあり練習回数が少ない。
その上、20年以上もベースを弾いていない俺に弾きこなせるのか?
上手くいっても2〜3回の練習でライヴを敢行出来るだろうか?

そんな不安はメンバー間にもあって必然的に「無理!」の一文字が頭に浮かんだ・・・
そして色んなトコから「KEN3のヴォーカルでこそのThink About It!」と言う声もあった。
まあ確かにヴォーカルが代わるなら新バンド組んだ方が気が楽だわな。

そう考えると「もはやこれまで!」ってな感じになってキッツアンに「酒蔵〜Vol.2〜」出演のキャンセルを伝えた。
連絡が遅くなって悪いコトしたな・・・と思ったがキッツアンは困る素振りも見せず了承してくれた。
しかし暫くしてLINEにキッツアンから「ただフライヤーは先週刷り上がってたのよねー。」とのコメントが入る。
どんなフライヤーか気になって見てみると・・・

2

こりゃカッコいい!

ここまで作り上げたキッツアン達に迷惑はかけられないと思い、早急に辻くんに連絡しヘルプをお願いした!
心優しい彼は快く9月14日の出演を了承してくれた。
メンバーもスケジュール的にも問題なく、二転三転しながらもこうして「酒蔵〜Vol.2〜」に出演する運びとなったのである。
でも今回の出演は「GOOD TIMING」だったかも知れない。
俺が理想とする4ピースでの出演が可能になっただけでなく、日頃は俺のライヴに興味が無い家族も観に来てくれる様子だし・・・(あくまで様子ではあるが)
翌日が敬老の日で休みやし、ライヴのスタートが早いので寧々をライヴ連れて来ても支障はない。
家庭を蔑ろにしてまで没頭した「Think About It!」を最後に観せる事が出来る可能性がある訳だ。

でもあの時、キッツアンからのLINEが無ければ俺は凹んだまま「Think About It!」を終わらせたかも?
さすがはSoul Brother!

2014_07_23_01

と言う訳で9月14日の当日はこのメンバーで参戦!非常に楽しみである!

◆♪◇♪◆♪◇♪◆♪◇♪◆♪◇♪◆♪◇♪◆♪◇♪◆♪◇♪◆♪◇ 

Think About It! LIVE SCHEDULE

「酒蔵〜SAKA×GRAN〜Vol.2」


2

日時 : 9/14(日)Open 16:30 / Start 17:00 / 1000yen(+1drink 500yen必要)

会場 : SOUND SPACE RIZIN'
出演 : バイオレンス ピーマン / ものっそ叫ビ隊 / Think About It! / GRANGILE / 鬼ごろし(出演順)

受け入れると言うことは、楽しむということだ 4

「受け入れると言うことは、楽しむということだ。」

これブログ仲間のbowzさんの言葉なんですが、妙に共感している俺がいる・・・
冷静になって頭ん中で整理すると・・・
現実問題として(辻くんの後任ベーシストが見つから無い)≒(4ピースでないとThinkでは無い!)という数式が俺の中で成り立つならば解散という形はごく自然だった訳で、それに反論し続けてた数ヶ月間だったんだな。

そう!俺が嫌いな「自然体では無いThink About It!」だったんだ・・・

バンドとして活動は各メンバーのスケジュールを考慮して残り3度の練習と1回のライヴとなった。
すると「今までの総決算であるが故に逆に楽しめるのではないか?」と気づいた。
セットリスト等はメンバーから任されてるので新旧の楽曲で構成しようと考えている。
「あの曲演りたいな」とか「この曲はハズせないな」とか妙に楽しんでる俺がいる。
そして「総決算だからあの人には来て欲しいな」とか「あの人に案内メール打とうかな?」とか・・・

それはここ数ヶ月間、忘れていた楽しみでして・・・
まるで高校時代に結成していたバンドが初ライヴを行う感じに似ている。
調子に乗った俺は「叫ビ箱サンデーGIG Vol.75」で好評だったアンプラグドバージョンからもう一曲YouTubeにアップした。
この“カサブタ”ってアンプラで演ると結構、味がありますねぇ。

 


「受け入れると言うことは、楽しむということだ。」

◆ ☆ ◆ ☆ ◆ ☆ ◆ ☆ ◆

バンド活動が暫くオフなので寧々の夏休みの宿題に精出す事になる(笑)
そういえば最近「妖怪ウォッチ」なる漫画が子供達の中で流行っているらしいですね。
ご多分にもれず我が家でも「妖怪ウォッチ」人気はウナギ上りでして・・・

2014_07_22_01

ねだられてもいないのに、ついファミマで見つけたこのポーチを買ってきてしまう。
それでも寧々は外出時には必ずこのポーチを持って出かけているので気に入ったのだろう?

そしてもう一つ流行っているのが以前も書いた「カゲロウデイズ」なる漫画?(かな?)
夕方、俺が欲しい本があったので本屋に行こうとすると寧々が付いてくる・・・
車の中で・・・「何も買わんで!」と忠告すると素直にうなずく(この時点で策にハマっているのだが)
ところが本屋で俺が欲しかった本を探すも在庫が無い!
仕方なく諦めて帰ろうとすると、寧々が「カゲロウデイズ」の本を持ってきて欲しそうな素振りをする。
「ダメダメ!欲しいなら自分で買いな!」というとポーチの中から財布を取り出し考えだす。

税別1143円!

暫く考えてから諦めたのか本を元の場所に戻そうとする・・・
しかし!しかしだ!その動作が以上に遅い!
このハンパなく遅い動作こそが子供の知恵と言えよう・・・
我慢出来ない俺は思わず「持って来い!」と叫んでしまい・・・自分の本を諦めて、その「カゲロウデイズ」の本を買う始末となったのである。

2014_07_22_02

ちなみに帰りの車の中で・・・
「お前、財布の中に何円持っとったんや?」と訊ねると100円1枚と10円が5枚とのコト。

まさに策略家である!

Yasuも数年後にその策略にハマるであろう・・・
そー言えば7月10日に3DSの「妖怪ウオッチ」を買ったばかりなのに・・・
こうも親父は娘に甘いのだろうか?
でも寧々が喜んでいる姿を見ると財布の中身は寂しいが、何か楽しい(笑)
そう・・・親父は娘に超甘いのである。

「受け入れると言うことは、楽しむということだ。」

◆♪◇♪◆♪◇♪◆♪◇♪◆♪◇♪◆♪◇♪◆♪◇♪◆♪◇♪◆♪◇ 

Think About It! LIVE SCHEDULE

「酒蔵〜SAKA×GRAN〜Vol.2」


2

日時 : 9/14(日)Open 16:30 / Start 17:00 / 1000yen(+1drink 500yen必要)

会場 : SOUND SPACE RIZIN'
出演 : バイオレンス ピーマン / ものっそ叫ビ隊 / Think About It! / GRANGILE / 鬼ごろし(出演順)

皆さんへお知らせ〜敗北前夜〜 

昨夜の「叫ビ箱サンデーGIG Vol.75」ですが、やはり慣れていないアンプラグドって難しいですね。
場の雰囲気とか・・・曲の歌い方とか・・・
性格的にドンチャン騒ぎが好きな俺には、やはり4ピースの演奏の方が何か安心できます(笑)

2014_07_21_01

さて今回のアンプラグドライヴで「Think About It!」の解散を発表しました。
活動停止ではなく解散です。



頭が固いが故に自分の中での「Think About It!」は、やはり4ピースバンドなんですよね。
グルーヴ感の有るリズム隊にギターのカッティング!
そんなFUNKをベースにした曲調にメロディラインの確かなヴォーカルってーのが理想像なんですよ。
だから俺の中でベースのいない3人は「Think About It!」ではないんです。

今まで「Think About It!」は何度もメンバーチェンジを経験してきました。
でもその度に“救世主”って言うか新メンバーが参加してくれてたんですよ。
ただ今回はその“救世主”が現れなかった・・・
「もう潮時かな・・・」
そう思うとこの状態を続けていくのが、俺にとって非常なストレスに変わっていったんです。

ただ活動停止では無く解散宣言した理由は、グルーヴ感の有るベースが見つからなかっただけでは無くって俺自身、音楽活動を続ける気持ちが切れてしまったからです。

2014_07_21_02

何故、楽しいハズの音楽で苦しまなければならないのか?
そりゃ脱退していったメンバーにはそれぞれ理由が有ると思います。
ただ残された者は、また1から造り始めなければなりません。
折角造り上げたモノがコナゴナに砕け散るあの空虚な気持ちをもう味わいたくないんですよ。

中には「わざわざ解散宣言などしなくても・・・」と考える輩もいるでしょう。
でもそれは自分が活動してきたバンドに対する思い入れやプライドの無い輩の言葉です。
それだけ歴代のメンバーは凄腕だったと思うし、彼らと共に活動出来た事に誇りを持ってます。
その「Think About It!」を維持し続ける事が残された俺の使命だとも思ってました。
今回の「解散宣言」は、なにもカッコつけたい訳ではありません。
むしろ自然消滅の方が気が楽だし、いつでも復活出来ますから、そっちの方が本当は良いのだと思います。

ただ私の「Think About It!」は歴代メンバーが築き上げた歴史があります。
先程書いたプライドもあります。
ベーシストが見つからず、あやふやな活動を続ける事は歴代のメンバーに対して申し訳ない気持ちなんです。
脱退したメンバーが「Think About It!」の活発な活動を見て「俺はThink About It!のメンバーだったんや!」と言う誇りを感じてほしかったんです。
でも今の「Think About It!」(俺)には「何としても維持しなければ・・・」と言う気持ちが切れてしまったんですね。

2014_07_21_03

クルム伊達公子が1996年の絶頂期に一時引退したでしょう?
その時「楽しいハズのテニスが苦痛に変わった・・・」ってコメントしてたのを覚えてます。
あの感じに近いですね。
でも心からテニスがしたいと思った2008年に現役復帰して今も頑張ってる。
ただクルム伊達公子みたいに「Think About It!」が解散後、復活するとは断言出来ませんけどね。

今は9月14日(日)Rizinで開催される「酒蔵〜Vo.2〜」に向けての構想あるのみです。
それが終わったら暫くは音楽を離れてみたいと考えてます。
是非、9月14日に最後のライヴを見に来て下さい。
そして皆さんの前で切腹する「Think About It!」の介錯をお願いします(笑) 

◆♪◇♪◆♪◇♪◆♪◇♪◆♪◇♪◆♪◇♪◆♪◇♪◆♪◇♪◆♪◇ 

Think About It! LIVE SCHEDULE

「酒蔵〜SAKA×GRAN〜Vol.2」


2

日時 : 9/14(日)Open 16:30 / Start 17:00 / 1000yen(+1drink 500yen必要)

会場 : SOUND SPACE RIZIN'
出演 : バイオレンス ピーマン / ものっそ叫ビ隊 / Think About It! / GRANGILE / 鬼ごろし(出演順)
疾風怒濤の最新記事
銀魂' 関連CD
銀魂' 関連DVD
ブラックラグーン関連CD
ブラックラグーン関連DVD
疾風怒濤の管理人
記事検索
グーバーウォーク
疾風怒濤の天気
アクセスカウンター

    ポチッと押して!!
    人気ブログランキングへ
    これもポチッと押して!!
    blogram投票ボタン
    ついでにポチッと押して!!
    疾風怒濤の最新コメント
    • ライブドアブログ