ブログにも書いた様に次回9月14日開催の「酒蔵〜Vol.2〜」をもって「Think About It!」は歴史にピリオドを打ちます。

今まで応援してくれた皆さん、共に楽しんだバンド仲間の皆さん。

そして歴代のメンバーの皆さん・・・本当にありがとうございました。

またすぐに復活すると思われてる方もいらっしゃると思いますが・・・それは無いです。

なぜなら今回、ピリオドを打つ事こそが「Think About It!」のプライドですから。

是非、最後のThinkを観に来て下さい。

本日「叫ビ箱サンデーGIG Vol.75」に出演します・・・ 3

久しぶりのブログアップです。
もう一ヶ月以上も放置プレーしてましたね・・・
実は今夜、4月26日に開催された「第一回 比根須賀亭一門会」以来のライヴをします。
“週イチの練習、月イチのライヴが最低ノルマ”だった「Think About It!」。
こんなに間隔の開いたコトはあまり記憶が無い。
勿論、練習は続けていたのですがベース抜きのアコースティックライヴは初めてですし本当に上手く演れるのか不安でもあります(笑)

2014_07_20_01

「叫ビ箱サンデーGIG Vol.75」
19時スタートですが、そろそろリハに行こうと思います。
出演バンドは6バンドですがアコースティクライヴを演るのは2バンドのみ。
他のバンドの勢いに負けないように、おもいっきり歌いたいですね。

偶然ながら面白い(笑) 3

今日、東京競馬場で開催された「第64回安田記念」をもって春のG1レースも終了。
(まあ6月29日の宝塚記念が残ってますが・・・)
で結果は・・・10戦9敗(1不参加)に終わりました。
3連単勝負とは言え、何か「1着・3着」とか「2着・3着」とか・・・抜けが多かったと思います。
勿論、今日の安田記念も同様。
教訓として・・・「”紊辰討G1馬 腐っても去年の好走馬」ってコトでしたね(笑) 
確か「第64回毎日王冠」で失敗した時も同じコト書いたような・・・
今後、東京競馬場ではこの教訓は生かさないとね。

さて本日のスポーツ新聞を見てると阪神9Rにこんな名前の馬が・・・

2014_06_08_01

ちょっと遊びで単勝馬券を買ってみました(笑)
ゲートを出てから果敢に逃げたのですが・・・結果は3着。
でも10番人気で3着なら頑張ったと思いません?
と思いきや東京9Rの「ホンコンジョッキークラブトロフィー」にこんな名前の馬が・・・

2014_06_08_02

こちらもちょっと遊びで単勝馬券を買ってみました(大笑)
ちなみに13頭中6番人気です。
2コーナーでは13番手で追走・・・(今日の府中は不良馬場なんで追い込みは難しいんやけど)
3コーナーでも13番手変わらず、最終コーナーでも13番手変わらず(汗)
勿論、追い込める訳もなく上がり37.5で7着と惨敗(大汗)

やはり名前で馬券買っても当たりませんね・・・
でも同日に親子の名前と同じ馬が出走するとは・・・偶然ながら面白い(笑)

KEN3のヘボ競馬(第81回東京優駿編) 3

さて明日は待ちに待った「第81回東京優駿(日本ダービー)」です!
当日は7年ぶりに皇太子殿下がレースを観戦に訪れるとのコト・・・
競馬ファンで無い方には理解しがたいと思いますが、この「日本ダービー」は年に一度のお祭りみたいなものです。
それだけに「当てたい!」レースなので、この一週間は検討に検討を重ねて勝ち馬を予想しました。

俺の予想では3枠5番トゥザワールドが勝つと思います。
父キングカメハメハがダービーを勝ったのが2004年・・・あれから10年。
キングカメハメハ産駒の最高位はローズキングダムの2着・・・未だにダービーの壁を突破できてません。
しかし10年目にして最高のチャンスを迎えました。
それが俺が勝つと予想したトゥザワールドなのです。

2014_05_31_01

戦歴も優秀で6戦して4勝、2着2回と連対率は100%。
前走の皐月賞(G1)では終始3番手をキープ。
上がり3Fでの勝負で、勝ったイスラボニータに差され0.2秒差の2着・・・ではあるが、このトゥザワールドのレースを見て(毎週競馬中継を録画してるもので・・・)「こりゃダービーはこの馬やな!」と思った。
後は「ダービー当日まで調子をキープ出来るか?」だけが心配の種だったが、それも杞憂に終わったようだ。

バンドの練習が終わってからレースの結果をスマホで確認するんやけど、ここ最近は当たってない。
だからYasu曰く・・・「KEN3の買う馬以外を買ったら当たる」と言われますが、明日は自信有り!
ただ自信は有るのだが変なデータが・・・

「皇室が観戦すると牝馬が勝つ!」

偶然か?・・・それとも意図してダービーに参戦してきたのか?
8枠16番にレッドリヴェールが何故かいる・・・それも現在4番人気とは。
それもそのハズ・・・あのハープスターと2戦して1勝1敗の五分の馬である。

2014_05_31_02

確かにこの馬の戦歴は脅威であり(4戦して3勝、2着1回でこちらも連対率100%)斥量も55キロと他の牡馬と比べて2キロのハンデがある。
ただ鞍上が福永ってトコと外枠からの発馬ってトコが、この馬にとっては不利だわな。

そしてもう1頭「死んだフリ」をしている8枠17番トーセンスターダムが怖い。
この馬の実力からすれば前走の皐月賞での11着ってーのは、どうも理解しがたいのだ。
俺が以前に推してたバンドワゴンに唯一、土をつけた馬だけに今回、東京競馬場で真の実力を発揮するかも知れぬ。

2014_05_31_03

鞍上の武豊も「連覇」がかかってるだけに気合は入ってるわな・・・
アカン!また悩みだしたわ・・・

「007シリーズ」に関する俺の勝手な思い込み(Part.3) 4

以前、“Live and Let Die”(007 死ぬのは奴らだ)って記事で・・・
バンド形式で007の主題歌を担当したのは「ウィングス」と「a-ha」と「デュラン・デュラン」 であると書いた、その後で007を検索するとこんな記事を見つけた!

「人気スパイシリーズ「007」が50周年を迎えたことを記念し、米ビルボード誌が同シリーズのベストテーマソングトップ10を発表。23作品のうち、ショーン・コネリー、ロジャー・ムーアが主演しシリーズ初期から中期までの9作品がランクインする形となった。」

・・・ん?
「ティモシー・ダルトン」や「ピアーズ・ブロスナン」「ダニエル・クレイグ」の007シリーズからは1曲しかランクインしなかったのは驚きだ。

2014_05_30_01

グラミー賞を受賞した「アデル」が歌った最新作「007 スカイフォール(Skyfall)」は残念ながらランク外!
歌い出しの部分や歌い方が若干「シャーリ・バッシー」に似ているからかな?
ちょっと「007 ダイヤモンドは永遠に(Diamonds Are Forever)」の焼き直しっぽく感じてはいたが・・・
でも個人的には妖艶な「アデル」の歌唱力は最近の007シリーズの中ではエエと思ったんですけどねぇ。



でも・・・華やかさに欠けるかな?

そして「シェリル・クロウ」が歌った第18作目の「007 トゥモロー・ネバー・ダイ(Tomorrow Never Die)」も残念ながらランク外だった。
「シェリル・クロウ」の歌い方は好きなのだが、この曲は他の曲と比べてレベルが低かったからなぁ。
インパクトが無いし、メロディラインはゆったりしてるにも関わらずイマイチ記憶に残らない。

他にも「ティナ・ターナー」が歌った第17作目の「007 ゴールデンアイ(Golden Eye)」もランク外。
この曲は強引に映画の主題歌に持っていったって感じなんですよね。
サビらしきサビが見当たらないトコが残念である(笑)

不思議なのは「マドンナ」が歌った第20作目の「007 ダイ・アナザー・デー(Die Another Day)」。
な・なんと6位にランキング( ̄□ ̄;)!!
この曲は全くもって007の主題歌には似つかわしくないと思うんですけどねぇ・・・
映画が始まるあの「ドキドキ&ワクワク感」が全く感じられず、ただのダンスミュージックを聴いてる感じ。
歴代の主題歌の中でも1・2を争う不出来な曲だったと思うので、この曲がランキングしたのは腑に落ちない。 

「リタ・クーリッジ」が歌った第13作目の「007 オクトパシー(All Time High)」が8位、「シーナ・イーストン」が歌った第12作目の「007 ユア・アイズ・オンリー(For Your Eyes Only)が4位とランキング。
でもね個人的な感想を言えば・・・どちらの曲もインパクトが薄いんよ(笑)
楽曲がイマイチでも大御所が歌えばランキングするんかな?
なら「ティナ・ターナー」がランキングしてもおかしく無いので、そこは公明正大なのだろう。

そんな歴史ある「007シリーズ」の主題歌でNo.1に選ばれたのは・・・
「ウイングス」の「007 死ぬのは奴らだ(Live And Let Die)」(3位)でも無く、「カーリー・サイモン」が歌った「007 私の愛したスパイ(Nobody Does It Better)」(2位)でも無い。
な・なんと「デュラン・デュラン」 の「007 美しき獲物たち(A View To A Kill)」が栄えある第1位となった!
(ちなみにこのトップ3の主演は全て「ロジャー・ムーア」です)

2014_05_30_02

まあ当時“飛ぶ鳥を落とす勢い”だった「デュラン・デュラン」だったので、この曲のPVは嫌になるくらい見たけど1位とはねぇ・・・
「ウイングス」が見つけた道筋を「デュラン・デュラン」が辿るコトとなり、その後は映画とミュージシャンとがコラボする形が定着したんだろうな。
今では映画のサントラに有名ミュージシャンが軒を連ねているけど、当時は画期的だったのかも知れない。



主題歌はさておき映画としての「007 美しき獲物たち」は面白かったと思うな。
ボンドガールの「タニア・ロバーツ」は人気TV番組「チャーリーズエンジェル」に出演していたの頃の黒髪を金髪に染めて、より魅力的になったのを覚えている。(あくまでも俺の勝手な思い込みですから)

2014_05_30_03

ボンドガールも昔は豊満なボディに目鼻立ちのハッキリした女性(「007 サンダーボール作戦」の「クローディーヌ・オージェ」とかね)が多かったように思いますが、徐々に女性の芯の強さが前面に出せる女優さんが選ばれる様になりました。
「007 トゥモロー・ネバー・ダイ」の「ミシェール・ヨー」とか「「007 ダイ・アナザー・デイ」の「ハル・ベリー」はそういった女優さんだと思います。
う〜ん・・・またゆっくり007シリーズのDVDでも借りて観たくなったわ!
と言う訳で今日はここまで・・・
また改めて「007シリーズ」に関する俺の勝手な思い込みを書いてみたいと思います(続くんかい?)
疾風怒濤の最新記事
銀魂' 関連CD
銀魂' 関連DVD
ブラックラグーン関連CD
ブラックラグーン関連DVD
疾風怒濤の管理人
記事検索
グーバーウォーク
疾風怒濤の天気
アクセスカウンター

    ポチッと押して!!
    人気ブログランキングへ
    これもポチッと押して!!
    blogram投票ボタン
    ついでにポチッと押して!!
    疾風怒濤の最新コメント
    • ライブドアブログ