4月も本日で終わりですねぇ・・・
最近、岡山での仕事の訪問件数が増えてドタバタしています。
今日は20時20分の四国フェリーに乗り遅れ、結局21時40分まで宇野港で待機するハメに・・・
件数が増えただけでなく地理に詳しくないので、どーしてもナビを頼りに移動するのですが・・・
この「ナビさん」って近道とか検索してくれないんですよね(汗)
もっと時間短縮しないと単なる配達要員になってるようで・・・ホンマ胃が痛いです。

さて・・・最近の寧々はやたら「HUNTER×HUNTER」なるアニメに凝ってます。
でも俺って一度も「HUNTER×HUNTER」見たコトないんですよね・・・
俺は富樫義博の漫画は「幽☆遊☆白書」しか知らないんで寧々が色々と説明してくれてもチンプンカンプンでして・・・
挙句の果てに友達に渡したいから「ピトー」の絵を描いて欲しいとのコト。
こちとら仕事で疲れてるのに、帰ってお絵かきなんざしたくないんですがねぇ・・・
それに「ピトー」って何じゃい?
と言いつつも寧々のお願いなので頑張って描いたのがコレ!

2014_04_30_01

まあ子供の頃から絵を描くのが嫌いではないのですが・・・富樫義博の絵は難しい(汗)
この「ピトー」の絵に満足したのか?それとも味を占めたのか?
今度は主人公「ゴン」の絵を描いて欲しいとの依頼文が机の上に置いてあった・・・
「もうエエ加減にせーよ!」と怒りつつも・・・またせっせと机に向かって絵を描く始末。

2014_04_30_02

今回は「ゴン」の口が非常に難しくって・・・
何度も消しては描きを繰り返すが、上手く描けず途中でリタイヤ(嫌、休憩)する。
もう面倒くさいので適当に描いて渡せばよいのだが、少しでも顔のバランスが違うと「似てない!」と寧々からダメ出しを喰らうのでオヤジの威厳もあり、中途半端な絵は渡せないのだ。

だから思う・・・
「昔のアニメは絵が描きやすかったな」って・・・
2014_04_30_03
赤塚不二夫先生は何てシンプルで個性的なキャラクターを描いていたのだろう。
絵も音楽もシンプルで個性的なのが俺は好きだ・・・
ちなみに赤塚不二夫先生の描いたキャラクターで俺が一番好きなのが、この「デコッ八」(でこっぱち)である。
あ〜あ・・・「ゴン」の続きを描くの面倒くさいな(汗)